引っ越し業者 安い ランキング

引っ越し業者の安い会社ランキング@簡単に探す方法

安い 引越し業者

格安 引越し業者

安価 引越し業者

激安 引越し業者

良い 引越し業者

 

引越しは結構お金がかかります。

 

引越しにはお金が結構かかりますね。
まず物件の契約料、新しいカーテンや照明も欲しいですし、いらない家具や家電を処分するのにも費用がかかります。

 

せめて引越し業者の料金は安くしたいと思いませんか?
引越し料金は、荷物の量と引越しの距離、オプションの有無などで決まります。

 

荷物が多ければそれだけ大きなトラックと多くのスタッフが必要になります。
距離が遠ければ運転交代のスタッフとガソリン代がかかります。

 

1階と4階なら1階のほうが費用が安いですし、物件にエレベーターがあるかないかでも費用はかわります。
物件の近くにトラックが停められるかどうかも重要です。
このように、引越し費用は条件によって全然違うので、他人の引越し料金を参考にしても意味がないのです。

 

引越し業者は格安が良いけど、それだけではなくサービスも重視したいですね。
ダンボールは購入すると結構値段が張りますし、スーパーや薬局でもらうにしても何度も往復しなければなりませんので面倒です。
ダンボール30個サービス、50個サービスなど引越し業者の条件も比較したいところですね。

 

あなた自身の引越し費用やサービスを比較するなら、複数の業者から実際に見積もりを取ってみるしか方法はありません。
引越し業者は一括見積もりをすることができます。

 

>>引越し業者の一括見積もり比較<<

 

住所や運びたい荷物などを選んで送信すると、最大10社からまとめて見積もりが届きます。
200社以上の引越し業者が参加しています。
相場はもちろん、1番安い業者を簡単に見つけることができますよ。

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

引越しのおおまかな手順

 

引越し 手順

引越しはすることが多くて、うんざりしますね。
しかし、手順をこなしていけば案外簡単に終わります。

 

引越しの大まかな手順を知っておきましょう。

 

@引越し先を決める
A持って行く家財と処分する家財を決める。
B早めに引越し業者に見積もりを依頼する。
C引越し日までに荷造りと不用品の処分を行う。
D2週間前になると、電気・ガス・水道・郵便局・インターネット・固定電話などのインフラ会社に電話して、引越しの旨を相談する。
※引越し先への切り替えや日割り計算など細かい指示をしてくれます。郵便局は1年間新居に転送するサービスがあります。
Eさらに、市外はの引越しなら市町村役場で転出届を提出します。念のため、国民年金と健康保険がどうなるかも聞いておくと安心ですね。
F引越し当日は、引越し業者に家財の場所などを指示出しします。
G引越しの挨拶はその日かできるだけ早めに行きましょう。
H引越し後2週間以内に、新居の最寄りの市町村役場で転入届や転居届などろ提出します。
Iパスポート・運転免許・銀行・カード・保険など住所変更が必要なものに連絡する。

 

こんな感じで引越し作業はすすみます。
頑張ってください。